会社情報


ミッション:

グローリー•スポーツ•インターナショナルはグローリーワールドシリーズの親会社であり、世界トップレベルのキックボクシング及び立ち技格闘技を提供する団体。 

グローリーワールドシリーズはムエタイ、キックボクシング、ボクシング、空手、カンフー、テコンドー、やカポエラをルーツに持つ世界トップレベルのアスリートが統一したルールのもとで戦う場所を提供。

リーグ:

世界最大のキックボクシングリーグのグローリーワールドシリーズは1年を通して、8人制及び16人制のトーナメント6階級で行う。また、大会はスターや新人のシングルバウトなどを含む。

グローリールールはパンチ、キック、と膝蹴りが認められている。選手たちはトーナメントや試合の成果によってポイントを獲得しランキングされる。 イベントはヨーロッパ、アメリカ、やアジアなどで開催され、テレビ放送及びオンラインストリームは世界中にされる。また、世界1の格闘技ビデオアーカイブを保持している。

歴史:

2011年、数々の賞を獲得したヘッジファンドの投資家であり格闘技愛好家のピエール•アンドゥランドがメディア投資家のスコット•ラドマンとスポーツマーケティング会社トータルスポーツアジア(TSA)のCEOのマーカス•ルアーと共にグローリースポーツインターナショナルを設立した。3人はキックボクシングを世界最高のスポーツにしようと目標を立てた。2012年5月26日に初めてのイベントをストックホルムで開催した5ヶ月後にライバルでありヨーロッパ最大のキックボクシング団体“It’s Showtime”を買収し、世界トップランクの選手をGLORYに参戦させた。最近ではアメリカ最大のプロレス団体WWEの元エクゼクティブのアンドリュー•ウィティカーをCEOに任命した。グローリースポーツインターナショナルはイギリス、オランダ、日本、マレーシア、シンガポール、とアメリカにオフィスを設置。