News

3つのタイトルの行方は如何に?

May 8, 2014
glorypic.jpg

日本ではGW中に行われたGLORY16デンバー大会の結果、

初代ウエルター級チャンピオンの座に輝いたマーク・デ・ボンテ(87-11-1, 28 KO)は同級2位ジョー・バルテリーニ(11-2-0, 10 KO)とのタイトル防衛戦が決定した。

デンバー大会の結果を受けてバルテリーニは記者団に対してこの様にコメントした。

「素晴らしいタイトルマッチだったしどちらが勝ってもおかしくない内容だった。まずはデ・ボンテに祝福の言葉を送りたい。そして、早く彼と戦いたいね。いつでもどこでも戦う準備は出来ている。GLORYも早く自分と対戦させたいと思っているだろうしベルトの為なら何でもやるつもりだ。

バルテリーニのこのコメントは試合終了後の記者会見の席上だった“新チャンピオン”に伝わりデ・ボンテは「かかってこい!」とバルテリーニの挑戦を受けるとの意志を即座に表明。異例の早さでの防衛戦実現の機運が生まれた。

そして、“チャンピオン”マーク・デ・ボンテと“挑戦者”ジョー・バルテリーニは6月21日に行われるPPVイベント「ラストマン・スタンディング」において、GLORYウエルター級タイトルマッチを行う事を正式に調印現実のものとなった。

 

もう1つのビッグカードは世界ヘビー級タイトルマッチが1位のダニエル・ギタ(50-10-0, 39 KO)と2位リコ・ベホーベン(43-9-0, 10 KO)との間で行われる。

ベホーベンは「去年のピーター・アーツ戦から半年間も待った。ものすごくエキサイトしている。もう準備は出来ている。すぐにでも戦える。」と興奮を隠しきれないベホーベンに対して、ギタもこの“決着”の時がくる事を待ち望んでいた。

「自分がNO.1で世界最強のヘビー級ファイターだという事を6月21日に証明してみせる」とコメントした。

 

この日行われる“世界タイトルマッチ”はこの2つだけではない!そう、8人の精鋭による「ラストマン・スタンディング」世界ミドル級チャンピオンシップ・トーナメントも同時開催される。

アーテム・レビン(露)ジョー・シリング(米)ウェイン・バレット(米)フィリップ・ベルリンデン(ベルギー)ボグダン・ストイカ(ルーマニア)サイモン・マーカス(加)メルビン・マヌーフ(蘭)の8人がミドル級世界最強、たった1つのチャンピオンベルトを懸けて戦う。

「20年以上に渡ってキックボクシング界に身を投じてきたが、6月21日のような日がくるとは想像出来なかった。」とGLORYマッチメイカーのコー・ヘマーズはコメントした。

キックボクシング史上に最も見応えのある大会になるであろうGLORY17 LA大会と「ラストマン・スタンディング」からは3人のチャンピオンが生まれ、そして、新たな挑戦者が出現し結果すべてのランキングに影響を及ぼす事になるだろう。

この試合の模様はGLORYより各主要プロバイダーを通じて北中米各地では34.95USDにて観戦頂けます。

また、日本では弊社ホームページのインターネットTVを通じて有料でご覧頂く事が出来ます。

また、会場にて観戦をご希望の方は弊社ホームページのチケット購入リンクを通じて試合観戦チケットをご購入頂く事が可能です。

30USDからフォーラム・クラブアクセスが可能なVIPパッケージまでお取り扱いしております。

詳しくは弊社ホームページをご覧ください。


戻る
Comments
comments powered by Disqus
GLORY投票
Who will win the featherweight contender tournament at GLORY 43?