News

トリプル世界戦がやってくる!

May 7, 2014
thumb_14566_event_main_promo.jpeg

世界最高のキックボクシング・プレミアリーグであるGLORYは6月21日(土)午後10時(米国東部時間)日本時間6月22日(日)正午からカリフォルニア州イングルウッドのフォーラムにてGLORY17LA大会と同時開催で行われるペイ・パー・ビュー・イベント「GLORY ラストマン・スタンディング」においてトリプル世界タイトルマッチの開催を決定致しました。

 

①   GLORY世界ヘビー級タイトルマッチ

ダニエル・ギタ(50-10-0, 39 KO) vsリコ・ベホーベン(43-9-0, 10 KO)

現在ヘビー級ランキング1位と2位の両雄がリマッチ。

GLORYの重量級トップファイター2人の昨年GLORY11シカゴ大会以来の再戦が決定、前戦のトーナメント決勝では判定で制しチャンピオンになったベホーベンとギダの両雄が今回はヘビー級最強の座を懸けて5ラウンドワンマッチで再戦します。

 

②   GLORY世界ウエルター級タイトルマッチ

マーク・デ・ボンテ(87-11-1, 28 KO)vsジョセフ・バルテリーニ(11-2-0, 10 KO)

先日のGLORY16デンバー大会で王座に就いたばかりのデ・ボンテが早くも防衛戦を行います。カナダからバルテリーニという最強の刺客の挑戦を受け果たしてデ・ボンテは防衛なるか?

 

③ラストマン・スタンディング(8人SLAMトーナメント)を同時開催致します。

GLORY世界ミドル級チャンピオンを決める1Day・トーナメント出場者は以下の8名です。

アーテム・レビン(露)ジョー・シリング(米)ウェイン・バレット(米)フィリップ・ベルリンデン(ベルギー)ボグダン・ストイカ(ルーマニア)サイモン・マーカス(加)メルビン・マヌーフ(蘭)

GLORY8東京大会のフェザー級以来のSlamが復活します。

8名のミドル級世界最強ファイターが勢揃いしました。

この試合の模様はGLORYより各主要プロバイダーを通じて北中米各地では34.95USDにて観戦頂けます。

また、日本では弊社ホームページのインターネットTVを通じて有料でご覧頂く事が出来ます。

また、会場にて観戦をご希望の方は弊社ホームページのチケット購入リンクを通じて試合観戦チケットをご購入頂く事が可能です。

30USDからフォーラム・クラブアクセスが可能なVIPパッケージまでお取り扱いしております。

詳しくは弊社ホームページをご覧ください。


戻る
Comments
comments powered by Disqus
GLORY投票
Who will leave GLORY 39 as lightweight champion?