News

GLORY12 リスティが頂点。ペトロシアン&ロスマーレンをKO

Nov 27, 2013
ippeiglory.jpg

23日(土・現地時間)、ニューヨーク州ニューヨークのMSGのザ・シアターで行われたGLORY12 NEW YORK、ライト級ワールド・チャンピオンシップ・トーナメントは2試合連続でKO勝ちを収めたアンディ・リスティが優勝し、賞金15万ドルを獲得した。<!-- break -->

Andy Ristie vs Giorgio Petrosyan【写真】ペトロシアンが10カウントを聞くというショッキングな結末に(C)MMAPLANET

圧巻の優勝、今大会最大の衝撃は準決勝=ジョルジオ・ペトロシアン戦でいきなり訪れた。初回からペトロシアンの間合いを潰して、パンチを入れるリスティ。ペトロシアンも2Rに入ると、サイドに回りに右カウンターを打ち込むなど勝負を互角に戻す。勝負の3Rにリスティは初弾はフェイント、続いてペトロシアンのバックステップに合せて思い切りワンツーを打ち込み、間合いを潰していく。ペトロシアンも組んで投げを見せるが、リスティに気圧されたようにロープに詰まると、右を打ち抜かれて大の字に。そのまま10カウントを聞くこととなった。

 

 

 

 

 

 

Andy Ristie vs Rovin Van Roosmalen【写真】リスティはブロックの上からもパンチを打ち、開くと拳だけなくヒザも入れていった(C)MMAPLANET

実にキック界の帝王に6年11ヵ月振りの黒星、生涯初のKO負けを与えたリスティは、準決勝でダビド・キリアを判定で下したロビン・ヴァン・ロスマーレンと対戦。ペトロシアン戦と打って変わり、前蹴りで距離を作ってロスマーレンを攻略していく。ロスマーレンはガードを固め、相手の攻撃が止ると、パンチや蹴りを放つ。そんなロスマーレンがガードを解き、動き出したところでリスティはパンチを入れていく。アッパーや前蹴りで動きを止めて、一気にラッシュを掛けたリスティが初回からダウンを奪うと、2Rに入っても劣勢なロスマーレンは、自らヒザをつき血の塊をキャンバスに吐き出すシーンも。何とかローやパンチの応酬で逆襲に出ようとしたロスマーレンだったが、ヒザ蹴りでロープに詰まり左ストレートでマットに沈んだ。

 

 

 

 

 

Glory Girls【写真】チャーリーズエンジェル的な登場をしたGLORY GIRLS(C)MMAPLANET

ペトロシアン戦と決勝で、完全に戦い方を変えてきたリスティ。文句のつけようもない強さを見せつけ、キックボクシング70キロ世界最強の座についた。12月に日本大会を行うGLORY、今年は米国に活動拠点を置き、このニューヨーク大会もSPIKEでライブ中継された。MSGザ・シアターは4500人のファンで埋まり、観客席にはフロイド・メイウェザー、イベンダー・ホリフィールド、クリス・ワイドマンらの姿も見られた今大会。視聴者数如何だが、会場の雰囲気に限っては、華やかかつ豪快なKOも多く生まれ、古くて新しい観賞用スポーツ=キックボクシングの米国定着が、一歩進んだように感じられた。

 

 

 

 

 

■ GLORY 12 NEW YORK 試合結果


Ristie vs  Roosmalen<ライト級ワールドT決勝戦/3分3R>
アンディ・リスティ(スリナム)
Def.2R1分44秒by KO
ロビン・ヴァン・ロスマーレン(オランダ)



 

 

 


Barrett vs Shilling<ミドル級/3分3R>
ウェイン・バレット(米国)
Def.3-0:28-26, 28-26, 28-26
ジョー・シリング(米国)



 

 

 


Edwards vs Saddik<ヘビー級/3分3R>
ベン・エドワーズ(豪州)
Def.3R2分52秒by KO
ベン・サディック(モロッコ)


 

 

 



Hollenbeck vs  Stevelmans<ライト級ワールドT補欠戦/3分3R>
キー・ホーレンベック(米国)
Def.3-0:30-26, 30-26, 30-26
ウォーレン・スティーブルマンス(南アフリカ)



 

 

 


Ristie vs Petrosyan<ライト級ワールドT準決勝/3分3R>
アンディ・リスティ(スリナム)
Def.3R0分23秒by KO
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)



 

 

 


Roosmalen vs Kiria<ライト級ワールドT準決勝/3分3R>
ロビン・ファン・ロスマーレン(オランダ)
Def.3-0
ダビッド・キリア(グルジア)



 

 

 


Artem Vakhitov vs Nenada Pagonis<ライト•ヘビー級/3分3R>

アルテム・ヴァキトフ(ロシア)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ネナド・パゴニス(セルビア)


 

 

 



Jhonata Diniz vs  Igor Jurokovic<ヘビー級/3分3R>
ジョナータ・ジニス(ブラジル)
Def.1R1分59秒by KO
イゴール・ユルコビッチ(クロアチア)


 

 

 



Francois Ambang vs Eddie  Walker<ウェルター級/3分3R>
フランソワ・アンバン(カメルーン)
Def.3R1分40秒 by KO
エディ・ウォーカー(米国)



 

 

 


Saulo Cavari vs Mourad Bouzidi<ライト•ヘビー級/3分3R>
サウロ・カヴァラリ(ブラジル)
Def.1R1分23秒by KO
ムラッド・ボウジディ(チュニジア)



 

 

 


Thiago Michel vs Paul Marfort<ウェルター級/3分3R>

チアゴ・ミシェウ(ブラジル)
Def.3-0
ポール・マルフォルト(アルゼンチン)



戻る
Comments
comments powered by Disqus
GLORY投票
Who will leave GLORY 40 as middleweight champion?